しわを消すための知識

しわの原因と対策

浅いしわと深く刻まれたしわの違い しわといってもお肌の表皮にできたごく浅い、いわゆる「ちりめんじわ」と、お肌に深く刻まれたしわとでは原因も違いますから、ケアの方法が違ってきます。「ちりめんじわ」は乾燥によってお肌の表皮が縮小することでしわになったものですから、保湿ケアをしっかりとすれば、その多くは消えます。ごく浅いものであれば、化粧水をつけただけですぐに元に戻るでしょう。

口元のしわをなくすポイント

年齢を感じさせるいわゆるエイジングサインは様々ですが、口元のしわもその一つです。マンガやアニメで描かれるおばあちゃんの姿を見ればよくわかりますが、大体が口元のしわを強調して描かれているのがわかるでしょう。誰でも年齢を重ねれば多かれ少なかれ口元のしわは目立ってくるのものですが、同じ年齢の人でも、生活習慣や普段のスキンケアをどうしているかで状況は全く違ってくるものです。

目元のしわを消すポイント

目元は顔のなかでももともと皮膚の薄い部分であるので、乾燥しやすく、また表情しわができる部分でもあるので、油断すると深いしわになりやすいのです。目元のお肌の奥の水分量が充分であれば、適度なハリが保たれるので、表情によってできるしわもすぐに元に戻ります。小さな子供でも笑えば目じりにしわができますが、すぐに戻るのはお肌の奥の水分が豊富で、しわができてもすぐに戻るからです。

しわ予防と対策に効果的な食事

しわを消す生活習慣のページでも少々お話ししましたが、体の内側からのエイジングケア、つまり食事でケアするという意識を持つことも大切です。「食事でしわを消す」というと、そんなことができるの?と思う方がほとんどでしょう。1日、2日で目に見えてしわが目立たなくなるということはありませんが、普段からこのページでお伝えする食事を意識していれば、

しわを消す美容成分

ビタミンC誘導体 お肌自身がコラーゲンを再生する作用があるビタミンC。そのビタミンCを吸収しやすいものにしたものがビタミンC誘導体です。ビタミンCはその強力な酸化防止作用から食品の酸化防止剤としても使われています。活性酸素の害からお肌を守るためにも食事でもビタミンCを多く含む食品を積極的に摂りましょう。

しわを消す化粧品と保湿ケア

しわの原因から考えれば、しわを消す化粧品である美容液やクリームは、お肌の奥の真皮層を構成しているコラーゲンやヒアルロン酸を補給するものが基本です。また、年齢とともにお肌の新陳代謝も衰えてきますから、お肌自身の新陳代謝を促進するものであるとさらに効果的です。そして、しわを何とかしたいと思う方の多くが保湿が重要だと考えます。

しわを消すための化粧品選び

浅いしわと深く刻まれたしわでは対策は違う しわと一口にいっても、お肌のごく浅い部分に現れるうっすらとしたしわと、深く刻まれたしわとではその対処法も違ってきます。ごく浅いしわは、保湿ケアをすることでしわが目立たなくなりますが、深く刻まれたしわは、しわの原因と対策のページでもお話ししたように、

未来のしわを予防する化粧品

しわ予防の基本は保湿ケアに、お肌の弾力と関係の深いコラーゲンとエラスチンの崩れと減少を食い止めることです。顔の動きに合わせてできる表情しわは、若いうちはすぐに元に戻りますが、年齢とともに表情しわが少しづつ戻らなくなり、だんだんと深く刻まれていくのは乾燥やお肌の奥のコラーゲンとエラスチンの変性によるものです。

しわをなくすために肌細胞の老化に注目

コラーゲンやヒアルロン酸、プラセンタ、セラミドなどしわを消す成分として話題の美容成分をたっぷりと配合したエイジングケア化粧品が増えています。でも、意外に多いのが期待したほど効果を感じなかったという声。その理由はどこにあるのか、どんなことに気をつけてしわを消す化粧品を選べばよいのかを考えてみましょう。

おでこのしわを消すポイント

年齢を重ねれば誰もがしわに悩むものですが、おでこのしわは目立つ部分でもあり悩んでいる方も多いでしょう。おでこのしわは、目元や口元とは違ったしわになりやすい原因があります。ここではおでこのしわをなくすポイントをその原因もふまえてお話しします。