しわの原因と対策

浅いしわと深く刻まれたしわの違い

しわといってもお肌の表皮にできたごく浅い、いわゆる「ちりめんじわ」と、お肌に深く刻まれたしわとでは原因も違いますから、ケアの方法が違ってきます。

「ちりめんじわ」は乾燥によってお肌の表皮が縮小することでしわになったものですから、保湿ケアをしっかりとすれば、その多くは消えます。

ごく浅いものであれば、化粧水をつけただけですぐに元に戻るでしょう。

しかし、化粧水はお肌のごく浅い部分にうるおいを与えるだけでしかないので、乾燥肌を自覚される方は、お肌の奥からしっかりと潤う肌に導くことが大切です。

保湿ケアをしてもなかなか消えないシワは、乾燥が原因というよりもお肌の真皮層のコラーゲンの減少や崩れが原因です。

この場合、真皮層にまでしわが刻まれているため、保湿ケアだけではシワは元に戻りません。

お肌の真皮層にはコラーゲンが繊維状に張り巡らされていますが、エラスチンがこの繊維状のコラーゲンをまとめるようにつなぎ合わせて、お肌のハリと弾力を生み出しています。

コラーゲンもエラスチンもお肌の奥で繊維芽細胞から作られますが、年齢とともにその機能が衰えていくため、コラーゲン繊維が硬くなったり、バランスが崩れてくるのです。

コラーゲンの生成が衰えてくると、お肌はハリと弾力が失われてきます。

そのため、表情によって何度もしわができる部分がクセのようになり、しわが次第に深く刻まれていくために元に戻りにくくなってきます。

目元、口元のしわを意識したケア、美顔器の使用もおすすめ

また目元や口元は特に皮膚が薄いうえに、もともと表情によってしわができる部分でもあるため、しわができやすい部分です。

気になり始めたら早めのケアをしたいところですが、皮膚が薄い目元や口元はお肌もデリケートなので、当サイトでも人気のビーグレン目元ケアリペアジェルなどの、目元や口元での使用を想定して開発された美容液を使えば、さらに効果的でしょう。

うっすらとしたしわをなくすには保湿ケア、深く刻まれてしまったしわはコラーゲンを増やすことがポイントになりますが、コラーゲンを増やすには外側から化粧品などでコラーゲンを補うだけでは効果を感じるまでにかなりの時間がかかってしまいます。

お肌自身がコラーゲンを再生するチカラを呼び戻すことも大切なポイントです。

コラーゲン生成に効果的な美容成分はビタミンC誘導体ですが、そのままではお肌にしみこみにくいため、美顔器のイオン導入機能を使うといいでしょう。

高価な美容液の使用量を無駄にすることなく、効率的にお肌の奥へとしみこませることができるのでおすすめです。