肌細胞の老化と向き合う

コラーゲンやヒアルロン酸、プラセンタ、セラミドなどしわを消す成分として話題の美容成分をたっぷりと配合したエイジングケア化粧品が増えています。

でも、意外に多いのが期待したほど効果を感じなかったという声。

その理由はどこにあるのか、どんなことに気をつけてしわを消す化粧品を選べばよいのかを考えてみましょう。

肌細胞の老化がしわを増やす

年齢とともにしわやたるみに悩むことが多くなりますが、しわやたるみの原因を突き詰めていくと、たどり着くのは「肌細胞の老化」です。

肌の悩みは悩みを感じる箇所だけに原因があるのではなく、もとをただせば体全体に関係しており、わかりやすく言えば細胞が老化してくることが主な原因です。

細胞の老化とは細胞が持つ機能が弱くなってくることであり、またそれ以上に大きいのが、活性酸素によって細胞がサビついて細胞の老化を早めます。

肌細胞は一定の周期で生まれ変わりますが、この新しい細胞を生み出す幹細胞が酸化してその機能が弱まると、肌老化はどんどん進んでしまいます。

そのため、しわやたるみをはじめとする年齢からくるお肌の悩みを解決したい場合には、細胞の老化を防ぐことを第一に考えましょう。

活性酸素に対抗して肌細胞の老化を予防

細胞の老化を防ぐためには活性酸素をできるだけ発生させないことに加えて、発生してしまった活性酸素に立ち向かう力を持つことです。

人間は呼吸をしたり、さまざまな活動をすることで常に体に活性酸素が発生していますが、本来私たちの身体には活性酸素に対抗する機能が備わっています。

しかし、紫外線やストレス、栄養の偏った食事などで活性酸素に立ち向かう力が弱まると、さまざまな害を及ぼします。

活性酸素を完全にシャットアウトすることは難しいからこそ、こちらのページでもお話しましたが、規則正しい生活習慣を心がけ、ストレスを溜め込まない、食事の栄養バランスに気を配るということを常に意識しておきましょう。

肌細胞の酸化を防いで老化のスピードが食い止められると、肌細胞の入れ替わりであるターンオーバーがスムーズになり、お肌はいつも若々し以上隊をキープできます。

コラーゲンの再生もしっかり行われますから、コラーゲンがお肌のスプリングとなってしっかりとハリと弾力を生み出してくれますから、しわも目立たなくなってきます。