口元のしわをなくすポイント

年齢を感じさせるいわゆるエイジングサインは様々ですが、口元のしわもその一つです。

マンガやアニメで描かれるおばあちゃんの姿を見ればよくわかりますが、大体が口元のしわを強調して描かれているのがわかるでしょう。

誰でも年齢を重ねれば、多かれ少なかれ口元のしわは目立ってくるものですが、同じ年齢の人同士でも、生活習慣や普段のスキンケアをどうしているかで、それぞれの状況は全く違ってくるものです。

ここでは、口元のしわをなくすポイントをその原因をふまえて考えてみます。

口元のお肌の保湿ケア

もともと口元は皮脂分泌の少ないところですから乾燥しやすいのです。

唇は乾燥するとリップクリームなどでケアするケースが多いですが、口元のしわが気になる場合には、どんなケアをすればいいのかよくわからないという方も多いでしょう。

口元の保湿ケアは、口元のしわを伸ばしながら美容液を塗って、シートパックをするのが効果的です。

美容液はヒアルロン酸、コラーゲン、ビタミンCなどを配合しているものがおすすめです。

当サイトで上位にランキングしている売れ筋のしわをなくす化粧品であれば、これらの成分は一通り配合されているので、トライアルセットをいくつか試してみるのもおすすめです。

また、通常の保湿ケアも大切ですが、冬の乾燥しやすい季節にはお部屋を乾燥させないなどの工夫も必要です。

口元の筋力アップ

年齢とともに筋力は衰えるものですが、顔の筋肉である表情筋が皮膚を支えきれなくなると、お肌がゆるんできます。

口周辺の表情筋の衰えによる口元のお肌のゆるみ、たるみも口元のしわの原因です。

超音波美顔器

表情筋を鍛えるための口を動かすトレーニングも効果的ですが、なかなか継続するのは難しいですし、自己流での間違った方法ではかえってお肌がゆるんでしまうことにもなりかねません。

超音波の微細振動で表情筋をマッサージできる超音波美顔器も検討してみることをおすすめします。

美顔器というと価格が気になるという方も多いと思いますが、最近は小型で高性能の超音波美顔器が比較的手ごろなお値段で購入できるようになりましたので、おすすめしておきます。

歯ぐきのゆるみや歯周病の改善

年齢を重ねるとともに、歯ぐきが緩んできたり、歯周病にかかる方が多くなります。

40歳以上の中高年の50%以上が症状の差はあれ、歯周病にかかっているというデータもあります。

歯周病にかかると次第に歯ぐきが緩んできます。

歯ぐきが緩んでくると口元全体のゆるみにもつながります。

歯周病や歯ぐきのゆるみを予防するには毎日の正しい歯磨きが基本です。

すでに歯ぐきがゆるんでいる、口の中がネバつくといった自覚症状のある方は、歯科を受診することをおすすめします。

これ以外にも紫外線を浴びすぎない、タバコは吸わないなど、お肌によくないとされることは極力避けることでかなり違ってきます。

特にタバコは、歯ぐきの血行を悪くして歯周病の原因ともなりますし、歯ぐきだけでなく口元のお肌の血行も悪くして、口元のしわを目立たせる原因の一つでもあるので、禁煙が基本です。

化粧品で対策するならアスタリフトとリペアジェルがおすすめ

当サイトでご紹介しているアスタリフトとリペアジェルは、お肌の奥からしっかりうるおって、口元のしわ、ほうれい線を目立たなくしてくれる化粧品として当サイトでも人気です。

リペアジェルは口元以外にも目元での使用でも効果があると評判ですが、乾燥肌を自覚している方、しっかりとしたハリとうるおいが欲しいという方には、アスタリフトがおすすめです。