目元のしわをなくすポイント

目じりや目の下など、目元は顔のなかでも、もともと皮膚の薄い部分であるので乾燥しやすく、また表情しわができる部分でもあるので、油断すると深いしわになりやすい部分と言えます。

人に若々しい印象を与えるかどうかも、目元の印象次第で大きく変わってくるものです。

しっかりとケアして、いつまでも若々しい印象をキープしたいものですが、皮膚の薄い目元はデリケートな部分ですから、注意したいポイントもあります。

ここでは目元のしわをなくすポイントをその原因もふまえてお話しします。

目元のお肌の保湿ケア

目元のお肌の奥の水分量が充分であれば、適度なハリが保たれるので、表情によってできるしわもすぐに元に戻ります。

小さな子供でも笑えば目じりにしわができますが、すぐに戻るのはお肌の奥の水分が豊富で、しわができてもすぐに戻るからです。

しかし、年齢を重ねるにつれて、お肌の奥の水分が少なくなり、乾燥肌の状態が続くと、お肌の表面はちょうど干からびた田んぼの表面のように、細かなひび割れが生じたような状態になります。

肌がカサつくような状態であれば、かなり乾燥肌が進んでいますし、こうなるとお肌の奥の水分を保持することができずに、どんどん蒸発してしまいます。

また、お肌のバリア機能も弱まるため、紫外線やホコリ、花粉などの外部刺激からお肌を十分に守ることができなくなり、敏感肌に傾いたり、シミができやすいお肌になってしまいます。

こうした状態を改善するには、何といってもお肌の奥で水分をしっかりと保持する機能を呼び覚ますことです。

天然成分主体の美容液で保湿ケア

乾燥肌を気にする方は保湿ケアを意識するあまり、一生懸命化粧水を塗る方が多いのですが、お肌のバリア機能が弱まっているのにどんなに水分を補給してもすぐに蒸発してしまいます。

たっぷり化粧水を使っているのに、お肌がカサつく、乾燥肌が一向に改善しないという方は、その保湿ケアは間違っているということです。

乾燥肌を自覚する方は、まずはお肌のバリア機能を取り戻す美容液を使いましょう。

また、目元は皮膚が薄くデリケートな部分でもあるので、できるだけ刺激の少ない天然成分主体で作られた美容液を使いましょう。

目元専用の美容液も様々ありますが、配合成分を確認して、石油由来の成分や鉱物油などを使用していないものを選びましょう。

目元だけに限りませんが、デリケートな部分のスキンケアで大切なのは、力を入れてこすったりしないことです。

あまりお手入れをしすぎるのもかえってお肌に刺激を与えることになり、シミやくすみの原因にもなりかねません。

当サイトでも人気のリペアジェルビーグレンの目元ケアトライアルセットで1日1回程度のスキンケアを続けるだけで十分効果を感じることができるはずです。

お肌が敏感肌に傾いていると感じている方も、とにかくあまりお肌をいじりすぎないようにするだけで症状は改善することも多いのです。