おでこのしわをなくすポイント

ビーグレンエイジングケアLP

年齢を重ねれば誰もがしわに悩むものですが、おでこのしわは目立つ部分でもあり悩んでいる方も多いでしょう。

おでこのしわは、目元や口元とは違ったしわになりやすい原因があります。

ここではおでこのしわをなくすポイントをその原因もふまえてお話しします。

秋冬もしっかりとUVケア

おでこは顔の上部に位置していて、頭にかけてカーブしている部分でもあることから、太陽の光をダイレクトに受ける部分です。

紫外線はシミだけでなくお肌のハリと弾力を生み出すコラーゲンを崩して、しわやたるみの原因となるなどお肌の老化の大きな原因です。

春から夏にかけてのUVケアはもはや当たり前ですが、秋・冬も外出時には油断することなく、しっかりとUVケアしましょう。

しっかりと保湿ケア

おでこは比較的皮脂分泌の多い部分でもあるので、乾燥していないように感じても、実はお肌の奥では乾燥していることも多いのです。

おでこがテカテカしている、アブラっぽいと感じて保湿ケアを怠っていると、はじめはごく浅いしわも次第に深く刻まれ、なかなか元に戻しにくくなります。

お肌の奥へとコラーゲンやヒアルロン酸、セラミドをしっかりと浸透させてお肌の奥でうるおいをキープする保湿ケアをコツコツと継続しましょう。

お肌の奥でのコラーゲン再生をサポート

おでこのしわはお肌の奥でのコラーゲンの崩れと減少による皮膚のゆるみ、たるみが大きな原因です。

コラーゲンの減少、崩れというとコラーゲンが配合された化粧品で外側からコラーゲンを補うことを思い浮かべますが、これだけでは不十分です。

お肌自身がコラーゲンを生成する力をサポートすることがポイントです。

効果的な成分は、ビタミンC誘導体やリコピン、アスタキサンチンなどの抗酸化成分や、プラセンタ、EGFなどの再生因子成分です。

こうした成分が配合された美容液やクリームでケアしましょう。

上手にストレスコントロール

適度なストレスは、人間が本来持っている能力を発揮できるなどプラス効果もありますが、過度のストレスが続くような状況はよくありません。

過度のストレスは活性酸素の生成とも深い関係がありますし、ストレスの多い生活を送っていればどうしても眉間にしわがよることも多く、おでこにも常にしわがよるような状態が続きます。

これもおでこのしわが深くなる原因の一つです。

ストレスと無縁の生活というのはなかなか難しいものですが、オフタイムにはできるだけリラックスできるように心がけて、おでこや眉間にしわが出ないように心がけましょう。